すべてのカテゴリ
EN

ニュース

ニュース

ホーム>ニュース

塩ビ床建設技術(1)

閲覧数:25 著者:サイト編集者 公開時間:2020-09-27 起源:サイト

5.床舗装-事前敷設と切断。 それがコイルであろうとブロックであろうと、それは材料の記憶を回復するために24時間以上現場に置かれるべきです。 温度は建設現場と一致しています。 特殊なトリマーを使用して、コイルのバリをカットして清掃します。 ブロックを敷設するときは、3つの材料の間に継ぎ目があってはなりません。 コイル状の材料を敷設するときは、XNUMXつの材料の重なりを重ねてカットする必要があります。 通常、XNUMXcmオーバーラップする必要があります。 ワンカットを保つように注意してください。   

6.床の舗装-貼り付け。 PVCフローリングに適した対応する接着剤とスキージを選択してください。 コイル状の素材を敷くときは、コイル状の素材の一端を折りたたんで、まず床とコイル状の素材の裏側を掃除してから、床の接着剤をこすり落とします。 ブロックを舗装するときは、ブロックを中央から両側に向け、床と床の裏側も掃除してから接着剤を塗ってください。 接着剤が異なれば、建設中の要件も異なります。 詳細については、対応する製品マニュアルを参照してください。   

7.床の舗装-排気、ローリング床を貼り付けた後、最初にコルクブロックを使用して床面を水平に押し、空気を絞り出し、次に50または75kgのスチールローラーを使用して床を均等にローリングし、時間内のスプライスエッジが歪んでいる状況。 床面の余分な接着剤は、時間内に拭き取る必要があります。 24時間後、スロットを付けて再度溶接します。  

8.床舗装-シームスロットは、接着剤が完全に固化した後に実行する必要があります。 特別なスロット装置を使用して、継ぎ目に沿ってスロットを作成します。 溶接をしっかりさせるために、継ぎ目が底を貫通してはいけません。 スロットの深さは床の厚さにすることをお勧めします。 2/3。 オープナーが開かない端部では、手動オープナーを使用して同じ深さと幅で縫い目を開きます。 溶接シームの前に、溝に残っているほこりや破片を取り除く必要があります。  

9.床舗装-溶接シーム溶接シームには、手動溶接ガンまたは自動溶接装置を使用できます。 溶接ガンの温度は約350度に設定する必要があります。 適切な溶接速度で(溶接棒が確実に溶けるように)、溶接棒を開いた溝に一定の速度で押し込みます。 電極が半分冷えたら、電極こてまたはムーンカッターを使用して、電極の床面より高い部分を切り取ります。 電極が完全に冷却されたら、使用権電極こてまたはムーンカッターを使用して、電極の残りの突起を分離します。 

11.床の清掃とメンテナンスPVCシリーズの床は、屋内の場所向けに開発および設計されており、屋外の場所での敷設や使用には適していません。 Please use the corresponding cleaning agent for regular cleaning and maintenance according to the method recommended by the manufacturer.メーカー推奨の方法で定期的な清掃・メンテナンスには、対応する洗浄剤をご使用ください。 Avoid high-concentration solvents such as toluene, banana water, and strong acids, and pour strong alkaline solutions on the floor surface.トルエン、バナナ水、強酸などの高濃度溶剤は避け、床面に強アルカリ性溶液を流してください。 Avoid using inappropriate tools and sharps to scrape or damage the floor surface.不適切な工具や鋭利物を使用して床面をこすったり損傷させたりしないでください。